• トップページへ
  • 選ばれる理由
    • 豊富な実績
    • 入試情報サービス
    • 偏差値評価
    • 成績帳票
    • 成績管理ソフト
  • 府県別会場模試
    • 大阪
    • 京都
    • 奈良
    • 滋賀
    • 兵庫
  • 他社との比較
  • 年間予定
  • 実施までの流れ
  • よくあるご質問
  • 各エリアの特徴
    • 大阪
    • 京都
    • 奈良
    • 滋賀
    • 兵庫

よくあるご質問

受験者数はどれくらいですか?
近畿地区におきまして、受験者数(母集団)は塾専用テストとしては最大です。詳しくは豊富な実績ページをご参考ください。
 
模擬テストの難易度はどれくらいですか?
【進研Vもし】
入試を意識した実践的な問題で構成しており、5教科の平均点を230~250点を目安に作成しております。新傾向問題や英語リスニング、数学の証明問題なども取り入れております。
【進研Sテスト】
公立中学校の学習内容・進度に合わせた標準レベルの問題で構成しており、5教科の平均点を250~270点を目安に作成しております。塾生一人ひとりの客観的な学力診断と弱点補強にご利用ください。
 
各テストの出題範囲(進度)はどうなっていますか?
各テストの出題範囲は、こちらの出題予定表ページよりご確認いただけます。基本的には学校(教科書)の進度に基づいております。また、未習領域からの出題がないよう、教科によっては選択問題を用意するなど、十分注意して作成しております。
 
志望校診断の基準はどのように決めていますか?
毎年、弊社模擬テストをご受験いただきました各学習塾様へ、受験生を対象とした合否調査を実施しております。その集計された合否調査データを志望校診断の基礎データとしております。近畿地区での受験者数は、塾専用テストとして最大の母集団となり、志望校判定への信頼性は高く好評をいただいております。
 
何校まで志望校の診断ができますか?
中学2・3年生の「進研Vもし」では国公私立合わせて6校、中学1・2年生の「進研Sテスト」では4校の志望校診断が可能となっております。
また、小学5・6年生では、私立中学2校の志望校を判定します。詳しくはこちらの成績帳票ページをご確認ください。
 
5教科を受験(小学5・6年生は4教科)しないと志望校は診断されないのでしょうか?
公立高校は基本5教科の受験が必要となります。私立高校におきましては、志望校コード番号表の各学校のコース欄に志望校診断に必要な受験教科数を掲載しておりますので、ご参考ください。
 
転校する予定の生徒がいるので、他府県の志望校コード番号表が欲しいのですが?
先生方へのお役立ちサービスページより、他府県の志望校コード番号表の閲覧と印刷が可能です。
 
実施予定日は決まったのですが、まだ受験人数が確定しません。いつまでに注文すればいいですか?
【塾内実施の場合】
テスト実施予定日の1週間前までにご注文ください。
【公開会場の場合】
それぞれの会場毎に申込締切日を設定しております。こちらの府県別会場模試よりご確認ください。
 
塾内実施のスケジュールが、実施期間内にどうしても組めません。何か方法はありませんか?
原則として実施期間内でのご実施をお願いしております。実施期間外でのご実施を希望される場合は、弊社までお問い合わせください。
 
塾内での受験者を募る為に、生徒や保護者に案内できるものはありますか?
先生方へのお役立ちサービスページより、生徒配布用の申込書や出題予定表などを印刷が可能ですので、是非ご活用ください。
 
模試の注文方法を教えてください。
FAXもしくはメール、またはWEBからの申込ページもご用意しております。テスト申込ページより、ご都合のよい方法でご注文ください。
 
注文する際の最低人数はありますか?
最低人数はございません。各学年1名からご注文いただけます。
 
答案を返送してからの成績返却は、どれくらいかかりますか?
処理日程カレンダーにて、成績発送予定日をご確認いただけます。
 
中学3年生の府県別模試というのは、どのような模試ですか?
通常の「進研Vもし」とは別に、各府県の公立高校入試に準拠した内容形式のそっくり模試をご用意しております。公開会場でのご受験も可能ですので、府県別会場模試ページより詳細をご確認ください。
 
中学2年生も「進研Vもし」が実施できるようですが、「進研Sテスト」との違いを教えてください。
12月末よりご実施いただけます中学2年生の「進研Vもし」は、「進研Sテスト」のような到達度テストとは異なり、より入試を意識した問題内容となります。また、志望校診断も公立私立合わせて計6校の選択が可能となります。一足早く受験学年の準備をするために最適な模擬テストです。
 
進路指導などの際に参考となる情報が不足しています。大阪進研の入試資料はどのようなものがありますか?
弊社模擬テストにご受験いただいた学習塾様へ、「中学/高校受験ガイドブック」をはじめ、様々な受験情報をご提供しております。
特に、「高校への進学指針」や「合否調査による入試分析資料」は、受験生への進路指導用として多くの先生方から高い評価をいただいております。
また、受験生への情報も充実しており、年2回ご提供しております「進研ジャーナル(春夏/秋冬)」は、入試に繋がる多くの情報を掲載しております。「受験情報Vスタジオ」では最新の入試情報や学校情報も日々更新をしております。
 
生徒保護者対象の入試説明会を学習塾内で開催する予定です。その際に、活用できそうな資料はありますか?
高校受験参考資料「V-pass」は、入試制度の詳細や合格のめやす、また大学合格実績などの情報を府県別に集約した資料となっております。
学習塾内での入試説明会などにも幅広くお使いいただけ、生徒保護者配布用の資料集としても最適です。
 
近年は入試制度が複雑で、様々な形で発信される情報の収集に大変苦労をしています。何か良い方法はありますか?
弊社の「Mail配信ニュース」を是非ともご活用ください。多方面から収集した入試情報をタイムリーに配信しております。情報収集に関しましては大阪進研にお任せください。こちらよりご登録ください。
 
「進研Vもし」の生徒用成績表にV-pitのページ案内とパスワードがありますが、これはどのようなソフトですか?
V-pitページよりパスワードをご入力いただくと、「進研Vもし」の受験結果データをもとにお手元のPC画面上で志望校の合格可能性を診断できます。対応環境はWindows7以降となります。
※V-pitのご利用には、Adobe Flash Playerをインストールしていただくか、Google Chromeからアクセスしてください。
 
近年は塾内実施以外に、公開会場実施にも盛んに取り組んでおられますね?
受験者数が増加するにつれて、本番さながらの雰囲気で受験させたいという先生方からのご要望を多くいただくようになりました。そんな先生方のお声に対応すべく、今後も各府県で公開会場を開催してまいります。公開会場詳細は府県別会場模試ページよりご確認いただけます。